卵子凍結とは

卵子凍結とは


卵子凍結とは、一般に未受精卵の凍結保存というようにも表現されます。

その名の通り、受精させる前の卵子を凍結・保存しておくという手法です。

社会的な適応も含めて、卵子凍結からの出産は1000名以上の実績があるため、手法として確立されていることが最大のメリットです。

2004年、日本癌治療学会、日本産科婦人科学会、日本泌尿器科学会の3団体が

「癌患者さんの妊娠できる能力を残すために卵子凍結は施行されるべきである」と発表しております。

一般には、がん治療にかかわるケースよりも「卵子の老化」とともに取り上げられることが多いのが実情であり、

いわゆる社会的な適応については否定的な意見も多くあります。

卵子凍結が適応となるケース


①対象年齢は13歳以上から40歳まで

13歳というのは、個人差がありますが、つまり「排卵しているか」ということが適応の分かれ目になります。

40歳という上限については、医学界での共通見解となっているもので、それはこれまで証明されている出産率に起因しています。

卵子凍結を行った場合、受精するには体外受精を行う必要があります。

しかしながら体外受精の出産率は、30代から徐々に低下をはじめ、36歳から急激に低下します。

36歳で15%前後、40歳で8%弱、42歳で5%というように推移していきます。

年齢と妊孕性は関連が深く、これが卵子の老化と報じられる裏付けとなっているのです。

②未婚の女性

なぜ未婚の女性に限るかというと、既婚の女性であれば、より効果的な「受精卵凍結」という方法があるためです。

出産するためには、大きく受精・着床・出産とありますが、この受精のステップを通過した胚を凍結させることができ、

出産を望まれるのであればより効果的な方法であるためです。

③治療期間

治療の期間には少なくとも2週間以上はかかります。

1個の卵子から妊娠できる可能性は約2%しかないともいわれているため、実際に出産に至ることを考えると、

10個以上の成熟卵の凍結を要するためです。

そのため、卵子を凍結したから妊娠ができるということではなく、むしろ妊娠できない可能性が高いことも視野に入れておかなければなりません。

また、治療期間中に、卵巣刺激を行います。

卵巣刺激とは、排卵誘発剤(おもに注射)を使い、よりよい卵を多く育てるための一連の流れのことを指し

通常、毎月1個の排卵であるところを、刺激により成熟する卵の数を増やして卵を体の外に取り出すというものです。

また、一部のがんの種類によっては、排卵誘発剤によってがんの増殖を促進してしまうことを指摘されているため、

主治医との緊密な連携が欠かせません。

PAGE TOP